鍋

食の楽しみを提案する仕事

フードコーディネーターは料理のレシピや作り方を指導したり、料理教室の講師、企業で商品企画や開発などの仕事を行うといった食のプロともいえる職業です。調理スキルの高いフードコーディネーターになるには調理専門学校がおすすめです。調理専門学校は全日制の他に夜間コースや休日に学べるコースがあり選択できます。

詳しく見る

調理

資格で職探しを有利にする

フードコーディネーターになるなら資格の取得が有利です。この資格は3級から1級まであり、3級は誰でも受験することが出来ます。フードコーディネーターの勉強は独学や通学で行います。独学の場合は市販のテキストや通信教育を利用し、通学の場合は専門学校や資格学校で学ぶことが出来ます。

詳しく見る

調理器具

スキルアップにつなげたい

専門学校に通い、フードコーディネーターの資格を取りたい、コーディネーターになりたいと考えるなら、学校をじっくり選ぶことをお勧めします。学校でどんな経験ができるのか、資格が取れるのかを比較し、自分の強みを伸ばせる学校を選んでみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

調理

資格に合格するために

フードコーディネーターが今多くの人に求められてます。フードコーディネーターには資格があり、特に一級に合格する事でプロとして活躍が期待できます。それぞれの級に合わせた講座もあり、短時間で多くの事を学べると人気です。

詳しく見る

調理器具

フードビジネスを始めよう

フードコーディネーターは民間資格であり、仕事のために必ず必要な資格ではありません。ですが取得しておけば就職に役立ちます。また、資格を活かしてとした働くには企業への就職の他、スクールの講師やフードコーディネーターのアシスタントになる方法などがあります。

詳しく見る

付加価値が上昇します

女性

難易度の割に多いメリット

一日の中で必ず食べるという行為があり、ダイエットをするにもスポーツをするにも食は大切な要素です。普通に生活している分にも食の安全が注目されていて、毎日のようにニュースにも登場しています。食のプロフェッショナルであるフードコーディネーターの資格は、多くの人に注目されています。フードコーディネーターの資格は民間資格はありますが、資格を持っているからといってできる仕事ではありません。医師や弁護士のような仕事に直結する資格は取得するのに何年も学校に通い難しい試験に合格しないとなることはできません。一方、簡単に取得できる民間資格ではその資格を持っているからと就職に有利になったり、収入があがるといったことは少ないものです。一方、フードコーディネーターは資格を持っていたり、一流のフードコーディネーターに師事していたりするだけで経営している飲食店の売り上げが上がったり、メディアに取り上げられて広告効果があがったりします。師匠のもとで働く時間がかかったり、協会が主催する認定試験に合格しなければいけない条件はありますが、国家資格のように長期間学校に通ったり、難しい試験に合格しなければいけないといったハードルが高くないこともフードコーディネーターの人気が高い理由になっています。今後も益々注目度が向上することが予想されているフードコーディネーターは、肩書きとしてあるだけでも飲食店の収益があがったりとメリットがありますので、取得を目指して下さい。

Copyright© 2018 フードコーディネーターの資格が欲しい【注目されいてる理由を確認】 All Rights Reserved.