常に大事に扱う|骨董品の買取額を高くするには日頃の保管を重視

刀のお手入れと鑑定

刀

もし、我が家の蔵や物置から刀剣が発見された場合、真っ先に行わなければならないのは登録証の有無の確認です。戦後、日本で刀剣を持つのには「銃砲刀剣登録証」というものが必要であり、この登録証が一緒に保管されている場合が多いです。もしなかった場合は自前に警察に刀剣が見つかった旨を電話で話し、登録証を発行してもらいましょう。
もし、その刀剣の名前がわからなかった場合、日本美術刀剣保存協会で鑑定してもらうことが出来ます。そして刀剣の名前が判明し、それがものすごい名刀だった場合、その保存方法も重要になってきます。名刀は美術的価値が非常に高いので高価買取の可能性が極めて高いからです。しかし、錆び付いていたり状態が悪いと買取価格も著しく下がるのでお手入れは重要です。具体的なお手入れ方法は、テレビなどでもよく見かけると思いますが、打ち粉を刀身に専用の器具でふりかけて指紋や古い油を拭っていきます。そして新しい油を薄く塗り、保存していきます。自分で研ぐ必要はなく、どうしても研ぐのであれば研師に依頼することになります。また、自分で研いだ場合価値が著しく下がる可能性があるのでお勧めできません。もし、刀剣を手放したいのであれば、骨董品など刀を取り扱っているところに持っていくことになるのですが、この際に鑑定書も一緒に持っていけば買取査定の時に大きくプラスになるので絶対に鑑定してもらってから持って行きましょう。なお、買取ってもらわずに処分したいときは警察署に処分の申し出をすれば無償で行ってくれます。

Copyright © 2016 常に大事に扱う|骨董品の買取額を高くするには日頃の保管を重視 All Rights Reserved.