食の楽しみを提案する仕事

鍋

知識とスキルを得るには

テレビや雑誌等で料理のレシピと作り方を紹介したり、テーブルコーディネイト術の紹介、料理教室の講師等、食に関する新しい提案を行うのがフードコーディネーターの仕事です。フードコーディネーターになるにあたって、特別な資格は必要ないとされています。ただし、衛生や栄養等の食に関する知識と調理のスキルがなくては、実際のところこの仕事につくのは不可能でしょう。そこでフードコーディネーターを目指す人の多くは、栄養学の課程がある大学か短大、または調理のスキルが学べる調理系専門学校に通っています。中でも、高い調理スキルを身につけたいと考えるなら調理系専門学校がおすすめです。調理系専門学校では、1年もしくは2年間、食の知識と調理スキルをしっかり学べますが、特に調理師コースの課程を修了すれば自動的に国家資格である調理師免許を取得できるのです。フードコーディネーターという食に関する仕事をするうえで調理師免許を取得していれば、大いに信頼を得られることになるでしょう。なお、調理系専門学校は全日制の他、仕事を持つ社会人のために夜間コースや土日などの休日に集中して学べるコースを設置しているところもあり、ライフスタイルによって選択することが可能です。フードコーディネーターは、料理講師のようにレシピを開発して紹介していく仕事が目立ちますが、他に食品メーカーや飲食関係の企業に入社し商品企画や商品開発等の仕事をするといったケースもあり、仕事の幅は広がっています。食のプロとして、フードコーディネーターへの期待はさらに高まっていくと考えられています。

Copyright© 2018 フードコーディネーターの資格が欲しい【注目されいてる理由を確認】 All Rights Reserved.