常に大事に扱う|骨董品の買取額を高くするには日頃の保管を重視

鎧兜の保存方法

男性

もし、家に何らかの事情で甲冑がおかれているのであれば、その甲冑は常に大事にお手入れしておくことをおすすめします。甲冑は放置したままでも錆びてしまい、経年劣化が激しい扱いにくいものですが、日々常にお手入れをしていれば高価買取の査定の時に非常にプラスの材料となります。甲冑のお手入れ方法ですが、これは初心者でも簡単に行なえます。それは埃を払うことです。毛バタキで優しく表面のホコリを払い、鎧表面について指紋などの油汚れは柔らかい布やティッシュペーパーで優しく拭ってください。この油汚れは放置しておくと汚れが染みこんでしまうのでなるべくこまめな掃除をおすすめします。なお、甲冑の革や紐の部分は水で濡らすのは厳禁であり、毛バタキでホコリを落とす程度で十分ですのでお気をつけ下さい。保管場所は日光になるべく当てない場所をおすすめします。甲冑の塗装が日光に当て続けて薄くなってしまうことがあるからです。
このように、お手入れをこまめに行うことで、甲冑は劣化の速度を大幅におさえることができ、高価買取も行えるようになります。なお、西洋の甲冑に関してはほとんどが鉄や真鍮製なので、より細かな保管やお手入れが必要になってきます。油をさしたり布で磨いたりと非常に手間がかかるので自宅に西洋甲冑がある場合はきちんとお手入れ方法を学んでおきましょう。もし西洋甲冑を家においておくメリットがないとお考えならば、買取業者に買取ってもらうという方法もあります。

Copyright © 2016 常に大事に扱う|骨董品の買取額を高くするには日頃の保管を重視 All Rights Reserved.